新築のライトをすべて電球を交換できるもの変更

現在LED化がすすんでおり、切れにくい事からダウンライトがすべて交換はユニットASSYになっています。


ヘーベルにかかわらず、新築で立てる家は交換が難しいモデルになってきています。
それもそのはず、koizumiもパナソニックもオーデリックも交換できるモデルがほとんどありません。


しかしLEDは切れる事は少ないですが、基盤は壊れます

私のイメージ的には長くて10年で切れるイメージです。その際に交換すると、物自体はそこまで高くありませんが。人件費がかかります、しかも10年後の人件費ていくらなのて感じなので、今の間に交換できる物に変更いたしました。

 

交換前の打ち合わせ

まず交換できるモデルをヘーベルハウスのインテリアコーディネーターと打ち合わせを行うのですが。

一番びっくりしたのが、定価販売だと思っていたのですが、何パーセントか値引きがある事です。

しかも今ついている物からの差額になります。

Amazonで買う方が安いですが。

一か所あたり約3000円程度なので個人的には交換するメリットは高いかと思います。

ダウンライトとシーリングライト

ダウンライトとシーリングライトをそれぞれ選ぶ形になると思いますが

デザインをとるなら ダウンライトですが。

ダウンライトの欠点は、やはり光の広がりが少なく

シーリングライトなら1個ですむところを数個必要になります。

交換したもの。

玄関 

やはり自動で点灯にしたかった為

人感センサータイプの物に変更しました。

部屋のダウンライト

コイズミの物がホームセンターなどで購入できるものだったのでこれにしました。

調光が欲しい部屋

普通のダウンライトでも、調光の電球を付ければ出来ますが

それだと普通の電気の球が付けれないという欠点があります。

また電球の高さだけ、高さが必要になりますので、狭い場所には不向きです。

そこで調光も出来て電球が交換が出来るものがいいと思いこれにしました

これだと、アマゾンなので電気の球が売っています。

電気の球は専用の物になります。

階段部

階段はやはり角に付けて手が届くところで交換が出来るようにしたかったため

このモデルにしました。

おすすめのインテリア

交換可能な電球だと下記の様な、ダクトレールタイプの物もおすすめです。

交換は電球ごとの交換が多いですが

ひねるだけで取付ができます

後シーリングライトも取り付けが出来るので、ほどんどの電球が取り付け可能です。

家電量販店とかはほとんどがこのダクトレールタイプで変換してることが多いです。