ALPINE 純正ブラケットを使用してレカロのヘッドレストに、リヤモニターを改造してに取り付け

純正の椅子だと、座りごごちが悪いため、レカロを取り付けたいのですが

ヘッドレストに取付ができないため、どうにか取付が出来ないかと思い

改造して取り付けしました。

※自己責任でお願いします。

今回取り付けたレカロはRECARO SP-JC 350リミテッド になります。

もともとS2000に取り付けていたものです。

今回取付に使用するのはここに空いている2つの穴になります。

今回使用したブラケットはこれになります。

モニター購入した際に付属していた物になります

取り付け箇所にある六角ネジを取り外します。

このネジの箇所に取り付けました。

今回は一番端の4か所に固定しました。

まず加工が簡単に出来る MDFを下記の様に加工します。

MDFはホームセンターなどで簡単に購入できます。

加工はジグソーで行います。 これぐらいの加工であれば安価な物で十分です。

個人的にマキタが好きなのでマキタをおすすめします。

カットしたらこのように取り付けをするのですが。

M4のネジがホームセンターに売っていたのが

一番長いサイズが80mmが最高で足りませんでした。

実測していませんがおそらく110mmは必要かと思います。

そこで使用したのが下記の様なネジ 長ねじを使用しました

これだとネジが長すぎるので必要な長さにカットします。

ニッパーや、のこぎりでカットは出来ますが。

ネジ穴が壊れてしまい タップを立てる必要があります。

なので下記の様な専用のネジ切りを使用します。

下記が必要な物になります。

カットすると、ネジを締める事が出来ない為。キャップネジを取り付けます。

下記をカットした先端に取り付けて締め付けてネジの頭にします。

見た目が微妙だったためカーボンシートを張り付けました。

今回使用したテープは3Mです。

今回使用したテープは3Mのカーボンテープです。

車のボディーや、内装に取り付けるさいに、いろいろ使用しましたが

一番きれいに貼ることが出来ます。

<script data-ad-client=”ca-pub-6754434061957831″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>後ろからの写真になります。

マイメロちゃんはタイラップで取り付けました。