初心者 魚が釣れる場所 堤防 

魚の釣れる場所

魚は釣れる場所とつれにくい場所があります、特に初めていく場所だとどこが釣れるのかはわからないかと思います、しかも場所で釣れる人と釣れない人がかなり差がつくことから釣れるポイントを知ることが重要になります

実際の場所

人が多くいる場所

当然そういうところは餌もたくさん巻かれており魚があつまりやすい環境になります

表層から確認する

釣り場に到着した際に魚が見えるかと思いますイワシや小サバが確認出来ればそこがいい場所になります

魚種による魚の釣れる場所

アジ

日がでていない時は全体にてきに散らばっているため場所を特定するのは難しいですが日が出ると陰になる場所にいる可能性がたかいです。また水温によりいる水深が変わってきます秋など水温が高い時中層から下層にいます、しかし水温が下がると下層に移動するのですがあまりにも低いと水深が深いところしかいなくなりますので水深が深い場所を探す必要があります、また個人的にはスズメダイがつれる場所では釣にくいれないイメージがあるため移動をおすすめします。

スズメダイの写真

イカ

堤防の上にスミ跡があるところを探すスミ跡が多いことほどイカがたくさんいます、次に海藻が多いことがおすすめです表層から見て分かればいいのですがわからない場合は、エギを投げてみて根掛り覚悟で着底まで沈める海藻などがひかかってくる場合はそのあたりに海藻があるのでそこが狙い目です。次に餌となる小魚が多いころになります、当然餌の多いことろには集まってきます。

 

 

青物(サバ・ハマチ)

堤防なのであれば基本的に外海の方にいます。また潮がある程度流れる箇所(糸が流れやすい)にいる可能性がたかいです。また比較的水深が深い場所にいる可能性が高いです。次に餌となる小魚が多いころになります、当然餌の多いことろには集まってきます。