初心者 釣り ライン(糸)違い

 

釣りを始めるに際に必要になってくるのが糸しかし糸にはいろいろと種類がありそれぞれの特徴違いについて


 

糸の種類 3種類

①ナイロン②フロロカーボンPE

初めて使用される際はナイロンでOKです、

 


糸の特徴

ナイロン

メリット

  1. とにかく安い(初めるには最適)
  2. 一番伸び縮みすることから食い込みがいい(魚がかかりやすい)
  3. リーダーとして使用した場合、伸び縮みが多い為ルアーがゆっくりと動く

デメリット

  1. 寿命が短い(水に一度つけてしまうと急激に劣化がすすむ・紫外線にも弱い)
  2. 伸び縮みが大きいため、魚フッキングが甘い(針が奥まで刺さりにくい)
  3. やわらかい為根ずれに弱い
  4. 水に浮く為 風や波の影響を受けやすい

おすすめライン

バスをやるのであればサンヨーナイロン アプロード GT-R ウルトラ

※切れにくく滑りもよくバックラッシュをした際にほどきやすい

海釣りメインであれ モーリス バリバス

※耐久性が低い為コスパ重視です

 

 


フロロカーボン

メリット

  1. PEよりは安い
  2. PEには負けるが固く伸び縮みがすくなく感度が高い
  3. 伸び縮みが小さい為 ルアーがきびきびと動く
  4. 固い為根ずれに強い
  5. 水に沈むため風の波の影響がすくない

デメリット

  1. 固く癖がつきやすい
  2. 伸び縮みが少ない為テンションをかけるとあっさりと切れる

おすすめライン

バスをやるのであればシーガー R-18フロロリミテッド

※元祖フロロといえばこれ信頼性も高い

海釣りならフロロマイスターorモーリス バリバス

※コスパ重視

 

 


PE

メリット

  1. 一番のメリットだと思うが 強度が高いためラインを細くできる

※細いメリット、水の流れが受けにくい(着底が取りやすい)

  1. 固く伸び縮みがすくなく感度が高い
  2. 伸び縮みが小さい為 ルアーがきびきびと動く
  3. 強度が高い

デメリット

  1. 高い
  2. 伸び縮みがほぼ無いため ショックリーダがないと切れる
  3. 石などにこすれた際の摩耗しやすい
  4. 水に浮きやすいため波や風の影響を受けやすい

下記PEの特徴

網数の違い

少ない

  • 擦れに強い(一本一本が太いから)
  • 安い

多い

  • 強度が高い
  • 飛距離がでる(一本一本が細いため摩擦抵抗が少ない)
  • 高い

PEの値段の違い(網数、号数同じ状態での大きな違い)

  • まずこのラインが一番値段による違いが出てくる

理由

  • 値段が高いほど、同じ号数でも細い
  • 値段が高いほど、コーティングが取れない(滑りやすく絡みにくい)

おすすめラインメーカー

YGK

※一番歴史が深くいいラインが多い

バリバス

※コスパがいい初めて使うならこれ

DAIWA(ソルティガ)

※ラインメーカーじゃないが、個人的には一番おすすめライン自体が固く

絡みにくい、コーティングかなりいい

おすすめPEコーテイング剤

(ラインが絡みにくくするため、コーティング剤はかなりおすすめです)

PEにシュッ

有名でかなり効果はありますが高い

WAKOSシリコンルブリカント

    • オイル=ワコーズと言うぐらいオイルメーカーでは有名
    • PEにシュッより安い
    • PE以外にもオイルが使えないところに使えたりと便利