タラジギング 釣りかた アクション方法 

タラジギングは、他のジギングと違い誘い方が違います、なので独自の釣りかた釣るコツがあります

ロッド・リール 道具 リンク


釣り方(シャクリ方)

タラもタヌキメバルもほぼ底から5mまでですのでシャクリ方も違います

シャクリ方①

①着底を取る

②底から少しあげる

③竿を下げた状態から

④竿だけ一番上まで上げる

⑤一番下まで下げる(ロングフォールジャーク)orゆっくり下げる

※この際に、リールで糸ふけを取る場合と取らない場合があり、あたりがある場合は糸ふけを取らず同じ位置でフォールのみをすると釣れやすいです

しゃくり方②

もちろんワンピッチでも釣れますが、フォールは長めに置いたほうが釣れやすいです。


釣りのコツ

着底を取ることが重要です

この釣りは2枚3枚潮あたりまえのなかで着底を取ることが重要ですが

①ジグを重くする

ジグ自体を重くすることで着底を取りやすくなりますがフォール速度があがりますので、食い渋りされていたりする場合は不利になります。

②100mぐらいでいったん糸ふけをとる

落下中に一旦糸ふけを取ることで、ライン抵抗を減らすことができます。潮でラインを流れにくくなりまっすぐラインが落ちるようになります

③ラインを細くする

ラインを細くすることでライン抵抗を減らすことが出来るため、潮でラインを流れにくくなりまっすぐラインが落ちるようになります

 

④一旦上にあげる

これは鉄則ですが、ラインが出ている量が増えると、ライン抵抗増加、感度の低下につながりますので自分は一回目の底が取れた位置から20m以上ながれた際に一旦上げるようにしています

日本海 深海(浦島グリ)ジギング タラ ルアー 

日本海 深海(浦島グリ) ルアー

タラのポイントが300mタヌキメバル&カレイのポイントが200mとかなり深くかなり特殊な釣りになります潮も2枚潮3枚潮あたりまえです。この釣りの特徴としてイルカが出ると全く釣れなくなる青物とは違い深すぎるせいかイルカが横で泳いでいても釣れるという不思議なつりです。雨も関係ありません。ルアーで釣れない時は餌で釣れるなどどちらも持っていたほうがいい

備考

個人的な感想としてマダラだがおいしいという人が多いが自分自身はあまりおいしいと思わなかった、しかしマダラとカレイは今まで食べた魚の中で1・2をあらそうぐらいおいしい、一度やってみる価値はある

タラジギング 釣りかた リンク 


釣れる時期

6月~8月


おすすめのルアー

タラ(400g~500g)

ロングジグタイプがおすすめ

スロースキップ FB・spyV

スローと言えば一番有名だと思いますなぜかこのジグを使用するとつれるというイメージです。

 

コモジグ マグナム・SBロング


タヌキメバル&カレイ(250g~400g)

スロースキップ vib

多用途のジグがおすすめ

実際にこれが釣れますが正直タラよりこっちの方がおいしいです

 

 

 

 

 

 



 

アシストフック


タラもタヌキメバルも下にしか引かなく上に上がってくる事はほぼない、その為返しのないガマカツのアシストフックがおすすめです。もしくはシワリの返しの部分をペンチで潰して使用するといい、上のフックはほぼかかりませんが上下両方ともアシストフックをつけたほうがいいです。


おすすめロッド

ポセイドン スロージャーカー 603ー4

ポセイドン スロージャーカー 603ー6

スローを一番初めに始めたメーカーだけあってかなりジグがいい動きをします。旧タイプはよく折れるといわれておりましたが新しくなり魚を抜くことが可能なぐらい耐久性があがっています

ダイワ  リーディングスリルゲーム73Hー195


おすすめリール

オシアジガー1500hg

ジギングの両軸リールと言えばこれが有名かと思いますレベライザーがないため、大物でもトラブルなく対応可能です。


重要おすすめライン 

水深がかなり深い為PEも伸縮性にすぐれていますがそれ以上に伸縮性の低いsuperFireLine(1.5号)がおすすめです、しかもこのライン根ずれに強いという利点も持っています欠点としては、距離がわかるマーカがついていませんそれ以外は根魚をメインとする場合はかなりいいラインだと思います。

リーダ

フロロカーボン 5m


おすすめのグッツ

PEとリーダーを結ぶのにかなり便利です船の上でも問題なくむすべます