明石 2019年 コスパ 最強 エイト専用?タコエギ 

去年までメインで使用していたルアー

去年までは デビルクラッカーをメインで使用していましたが、

金額も高く 根掛かりが必須の,タコ釣りだと確かに釣れるのですが、なくなると心がいたいので、

どうにか安いルアーで同じように釣れるルアーがないのかといろいろと探しました、最終的にいきついたのが イチバンエイトオリジナル?のルアーです。

メーカーはドラゴン 商品名は不明

現在コスパ最強ルアー

エイトで見つけたのはデビルクラッカーと同じ形状の針なのに金額が2個購入しても半額です。

とりあえず試してみるしかないので購入してみました。

金額が金額だけに正直釣れないと思っていました。

しかし実際に使用してみるとかなり釣れます約2桁、金額も安いので現在一番おすすめのルアーになります。

現在以下のスイベルと一緒に使用しています。

このルアーの欠点

当然金額が金額なので欠点もあります。

①針が弱い 1キロ以上タコを釣ると針がまがります、

※手で元に戻すことが出来るので自分は手で戻しています。

実際に2、7キロのタコも釣ることが出来たので針は曲がるが釣ることは可能だと思います。

②重い重りだと、あたりが分かりにくい

※乗り合い船だと40号固定で重りの重さを変更することが出来ない事が多いですが、使用してみて重りの重さが25号~30号が一番あたりがわかりやすいです。

備考

欠点もありますが、それを踏まえても金額と実際の釣果から明石で現在最強ルアーだと思います。

アドバイス

タコ釣りで餌木がいい時と、餌がいい時があるので、絶対に釣りたい場合は両方持ってい方がいいです。 

 

アマゾンで購入できるルアー

市販のドラゴンのタコエギは下記の様に通常よくみるタコエギです

※下記の商品に関しては一度もためしていません

釣った タコの裁き方 タコの締め方

実際に釣ったタコを新鮮に持って帰る方法ですが、釣りをやった事がある人間なら知っている方もいらっしゃるかと思いますが、釣った際に締める事で新鮮度が保つことが出来ます

釣ったタコの締め方

①頭をひっくり返すこれが一番簡単です、頭をひっくり返してすべての内臓を取ることで締める事が可能です。

 

②目と目の間をイカを締めるような道具(針のような物を指す)指すことで、タコの色が変わります。

タコを塩モミをする

目・口をきりすてる、頭をひっくり返して内臓を取る、その後にタコをたっぷりの塩でもむ、吸盤は特に取れにくいのでしっかり行う

塩モミをすることで、ぬめりを取る、臭みをとる、などの効果があるためしっかり行ってください、

これを怠ると固くておいしくないタコになります。

 

 

タコを冷凍する

これもタコを柔らかくするコツの一つです、やり方としては塩もみをした後にすぐに冷凍することでタコ自体が柔らかくなります。特にタコは大きくなればなるほど固くなるのに大きくなりば冷凍することをおすすめします。

 

 

タコエギの中でもこれ!デビルクラッカー タコグシ(タコの恋人)

デビルクラッカー

デビルクラッカーとはタコは獲物が複数あるとどちらも手を出す性質をいかしたものです。またタコのはやわらかいものを掴むという性質があります。その2つをいかしたののがデビルクラッカーになります。

またクラッカーというだけあり2個が音を出してアピール力もアップしています。

下記のデビルクローを購入することで、その日によってはその色しか釣れないような状況があるため色をを変える事が可能です。

タコグシ

今年新たにいいなと思ったのがこれです

昔かなりはやったタコの恋人を駆使のように刺して使用するのがこれでこれも、デビルクラッカーと同じようにはやわらかいものを掴むという性質をいかしております。しかしこいつは掴む箇所が写真でもわかるように上の方を掴むためあたりがあった場合は必ず合わしをおこなわないと絶対に針にかかりません

 

 

 

 

 

 

 

こちらもデビルクラッカー同様にいろの変更が可能ですこちらは下記のタコの恋人を購入することで変更可能です。

 

 

上記の2種類からわかるように最近傘針が支流です、理由としてやはりかかりの良さが高いことがあげられるます

 

 

 

 

その他ルアー

釣りかた仕掛けなど

タコを食す

初心者でも陸っぱりで釣れるタコ釣り シーズン  堤防

おかっぱりでもこれからの季節タコが釣れるようになります。そこでおすすめの仕掛け竿を紹介していきます。

釣れる時期

6月頭から沖でタコが産卵してその後に夏7月末から9月にかけて陸っぱりでも釣れるようになってきます。

仕掛け

仕掛けはPEに直結するだけ、リーダは不要です。

 

釣れる場所

 

タコ事態テトラポットなど隠れる事が出来る場所にしかいません、しかし隠れる場所が陸から見えるところならいいですが、正直わかりません、そういった場合どこを狙うかというと足元です約8割ぐらいは足元から釣れるため 陸からだと足元だけでもいいと思っています。 また写真のように堤防の隙間の部分は重点的に行うのがベストです

 

 

ルアーの種類

エギタイプ

いろいろと 重さがありますが軽い方がフォール速度が落ちますが 落下中に釣れる事はまれですが おかっぱりの為着底で困ることはないと思いますので軽い物がおすすめです

 

足元タコゆらハンター

足元を狙うならこれ しかし周りがすべて針の為投げるとすぐに根掛かりしてしまいます。

テンヤ

餌木と同じように使用しますがこれは餌を付けて使用するタイプになります餌を付けているため、そこにタコがいれば何もしなくても釣れる場合があるのが特徴です。

 

結局どれがいいのか!!!

上でも書いていますが、正直投げて釣れるといったことはほとんどなく約8割ぐらいは足元から釣れるためたこゆらハンターがタイプが一番いいです。

 

 

 

 

 

 

pointに売っていますが、タコの部分と針の部分がバラバラになるタイプがあります、下記のタイプは上下合わしてもヤマシタのジグより安く色を選ぶことが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

また針の部分が根掛かりなどした際に折れやすくなっているため、ロストの率が下がります。

おすすめロッド

 

ロッドを買うえでベイト(両軸)リールタイプが絶対におすすめです 理由として投げる必要はなく足元のタコを無理やりはがす際に、スピニングだとベールが壊れる可能があるためです。

その中でもソルパラのタコロッドがおすすめです。

理由はバッドは固く竿先はやわらかくあたりが分かりやすくしかも値段もやすいです。

 

おすすめリール

ラインが3号を10メートル程度巻ければなんでもいいと思います。

自分はオシアジガーを使用しております。

 

 

おすすめライン

30LB以上の物

値段が高いラインは不要です、ただ強度が重要でエギングなどで使用する1号レベルではまずラインブレークしてタコを引き抜くことはできません。最低でも30lb程度の強度が必要になってきます。過去に自分自身も1号程度でやっていた時期があり浮いているタコならつれるのですが、へばりついているタコはルアーを何度も持っていかれたことがあります。

 

タコを食す

明石 船でタコ釣り おすすめ ロッド リール 仕掛け

明石で有名なタコ釣り正直固いロッドと太いラインをまくことが出来るリールがあれば出来ますが、自分であたりがわかるようになり釣れたというより釣ったという方が楽と感じると思います、なので初めはなんでもいいですが専用ロッドがおすすめです。明石のタコはよく釣れる潮を選べばこんな感じです

このブログは道具を紹介しています

実際の釣りかた。リンク

おすすめのロッド

餌木タコ LTD 185 餌木用

穂先がかなりしなやかで重りが軽くてもしっかりとあたりがわかりやすく、実際にタコがかかったとしても強靭なバッドパワーでタコを引っ張ぺがさす力もあります。

明石タコ170使用感

上記のテンヤの物も使用したことがありますが竿先が餌木タコの物より竿先が硬くテンヤの様な重いものならいいのですが、エギを使用した際にあたりがわかりにくくです

旧 明石タコ180との違い

185が2018年現在最新モデルですが、前のモデルと何が違うのかというと、曲がり方がやわらかくなったように感じました、なので旧モデルよりあたりが取りやすくなっていると感じがします

おすすめリール

エランワイドパワー オクトパス

タックルの推奨するリールだけあって小型リールであってもパワーもあり、大きなタコでも安心して使用できるリールです、ただジギングで使用出来ると記載がありますが使用するには感度が低いく感じますので、汎用性は低く感じいました。

シマノ オシアジガー

ジギングリールとしては最強のリールです感度最強ジギングリールとしても利用ができ、タコでも全然余裕で対応可能です。またガイドがない為根掛かりした際に、無理やり引っ張ってもよく折れるガイドが壊れる心配もありません。

おすすめライン

ダイワ ソルティガ 8ブレード 3.0号

釣り具屋とかでは5号を推奨しているところが多いですが、ソルティガのラインであれば3号でも全然十分です。ラインを細く出来るため、潮の流れの影響も減らすことができ、あたりもわかりやすくなります。

ダイワ ソルティガ 12ブレード 3.0号

お金に余裕がある場合はこちらの方が当然 LB値が高いため切れるというリスクは減ります。太さに関しては実際に両方持っているわけではありませんが同じ号数でも糸の数が多い方が太い事がよくあるので太い可能性があります。

 リーダー

リーダはどこの物でもあまり変わりがありませんがフロロがいいです。ただ下記のように集寄リーダーなどを使用する場合、リーダーは不要です。

上記のひらひらですが 、釣れない場合は餌木の近くにつけると釣れたりします。

重り

20号~

水深は5月は40mから始まります。

夏は5mと浅く 20号で十分です。

備考

タコはイカと同じで水潮を嫌いますので雨の日の次はやめたほうがいいです。

また釣れた時にタコを入れる網を持っていたほうがいいです、なぜならクーラーだと逃げたりする可能性もあり、またタコは保護色になるので白いクーラーだとタコが白くなってしまうため、おいしそうに見えなくなります。

最近のおすすめルアー

タコを食す

実際の釣りかた。リンク

2019年 コスパ最強タコエギ

明石 船でタコ釣りのコツ ルアーの違い

おすすめの潮

小潮 だと初めはおもっていましたが 大潮の潮どまり手前がおすすめです

潮が動きすぎると全然釣れませんので出来る限り潮が動かないことがいいですが、逆に船が全く動かないぐらい潮が動かない状況だとそれもまったく釣れません。

 

 

 

 

 

釣るためには

明石では有名なタコ釣りですが釣果は完全に腕で変わってきます、さて腕とはそれはあたりが分かるか分からないかです、私はこのあたりが分かるようになるまで約1年かかりました。

あたりの取り方

重要なタコのあたりですが、正直あたりはほぼ無いに等しいです、なのでおかしいと思ったらすべて合わせるというのが初めいいかと思います、自分はラインを手でもって誘っうと意外にわかりやすかったりします。

実際の釣り方

まず、一番重要になるのが着底ですタコは底にしかいません、(たまーに着底途中で釣れる場合もありますが)なので着底が取れることが一番重要になってきます、取れない場合はどうするか、重りを重くするか、ラインを細くするのどちらかになてきます。しかしそれぞれに欠点があります。下記になります

重さによる変化

重い(底がとりやすい)  軽い(あたりが分かりやすくなる)

糸の太さによる変化

細い(底がとりやすい)  太い(実際のタコをはがすパワーが上がる)

あたりがあるとラインを持っていかれますので、それに対してラインを送ってやる必要があり送らないと乗りが浅くなります

ロッド リールの紹介

ルアーの種類

エギもしくはタコテンヤのどちらだと思いますそれぞれの特徴が下記になります

エギ

エギの場合色が重要でいろんな色がありますその時でその色しか釣れなかったりするのでいろいろな色が必要です。

メリット

フォールでも釣ることが出来る

重りを簡単に交換することが可能

2個取り付けて使用することが出来る

餌を買う必要がない

色を変更することが可能

デメリット

なくなった時にテンヤの方がやすい

タコが飛躍的小さいように思う

タコテンヤ

メリット

渋いときに使用すると釣れたりする。

餌釣りなのでほっといても釣れる場合がある

テンヤ自体が安い

フォール速度が遅いためゆっくり見せることが可能

デメリット

餌を毎回準備する必要がある

誘い方が底をズリズリして誘う方法しかない

その他ルアー

デビルエイトクロー

最近結構流行っているルアーになります、だれも釣れないときにこれだけが釣れるという事はよくあることで実際によく釣れます。しかも根掛もしにくいです。あと投げた際の飛距離も長いため広範囲で探ることができます

現在最新モデルでこれしか釣れない場合があるのが

デビルクラッカー

両方に針があるため根こそぎ持っていきますただ根掛かりも半端ないです

タコを食す

2019年 コスパ最強タコエギ