明石で陸っぱりっでアジが釣れる場所、

明石でいろいろと釣りを出来る箇所がありますが、場所によって釣れる魚が違ってきます。そこで自分自身が実際にいってつれた場所を紹介しています。

釣れる時間はリンクに確認ください

アジ釣り必勝法

実際に釣れる場所

釣りをする際に下記の地図にあるように大きくかけて3か所あります、しかし場所によって釣れる魚が違ってきます。じゃどこがアジが釣れるかというと、初めてされる方はCが釣れるのかと思うかもしれませんがCは全くつれません、実際につれるのはA>B>Cになります。なぜAが釣れるかというと天敵がいないからになります。なので小アジをつるのであればAがベストになります、じゃCだと大きなアジが釣れるのではないかと思いますが実際には釣れません。なぜかはわかりませんが、大きなアジは淡路沖でしか私は見たことがないためです。

 

 

 

 

どこが釣れるの?

明石砂利置き場

平日は入ることはできませんが日曜日になると釣り人で一杯になります。注意点として、周りは砂利置き場のため靴の裏がかなりよごれます。また雨の次の日などは、水たまりで一杯になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明石新波止

ここは漁船が結構とまっており外は、ベランダになっている為外ではイカ釣りなどが有名です。アジを狙うのであれば湾内船と船の間がおすすめです、注意点として漁船が結構止まっているせいか、底に油がかなりたまっており、ここでつれた魚を食べたいとは思いません

 

 

 

林崎漁港

ここも新波止と同じで漁船がとまっておりその間にアジが結構いますが波止場と同じで注意点として漁船が結構止まっているせいか、底に油がかなりたまっておりここでつれた魚を食べたいとは思いません

 

 

 

 

 

江井ヶ島

船で結構釣れるポイントが近い為、アジも結構つれます、また足場もよく子どもがいても安全に釣りをすることができます。また湾内のため波が強い日でも比較的穏やかなのもメリットです。タコも比較的につれる場所でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隠れスポット

水温がさがって釣れない場合、乗り合い船に乗るとこのあたりでアジの確保を行いますのでこのあたりが釣れない場合はかなりおすすめですが、船がないと厳しいです。

釣り入門サビキ 釣れる アジ釣り

※おすすめ潮

湾内の為あんまりありませんが

潮が動かないとつれないため

前日と当日だと潮が動くタイミングは同じの為1日前に見に行くことがお勧めです

詳しくは潮の見方

魚の締め方リンク


時期

7月後半~9月後半

7月後半は釣れ始めの為、かなりの数が釣れます。


おすすめの仕掛け

がまかつ サビキ

がまかつの針は比較的、刺さりやすい為

ハリス 針は極力小さいほうが釣れる (0.6前後)

小さいほうが釣れるが 糸もよく切れる

100円の物でも釣れるが下記に注意が必要

ハリスが大きいものが多く針も刺さりにくいいため釣果がかなりさがります以前に隣で朝から全く釣れなく自分が1時間程度で爆釣だったことがあるぐらいサビキの針は重要です。

釣れない人へのコツ

アジが釣れない状態として、周りを見てアジが釣れてなく他の魚がつれている場合は回遊魚ですのでそこにはアジが来ていませんので場所を変える必要があります、周りもつれていない場合は潮がわるいです時間を変えたほうがいいです。

周りがアジが釣れているが自分が釣れない場合は針の大きさが大きい可能性があります参考にしてみてください


おすすめロッド

なんでも OK 短いものがおすすめ(5or6フィート)

すぐに出せてすぐに使用できるパックロッドで自分はやっています

おすすめのパックロッド

①ダイワ モバイルパック 615Tls

②アルファータックル トラギヤ チビ

 

 

 


便利グッツ

吸い込みバケツ

手が汚れないアジは回遊魚のため釣れないと移動するため蓋がついてるこのタイプがおすすめです。

 

ワニグリップ

毒魚がつれることがあるためあったほうがいいです刺された事はありませんが刺された人に聞くとかなりつらいらしいです

仕掛巻ストッカー

仕掛けを再利用できる便利グッツです3回程度私は再利用しています

タックルボックス

アジ釣りだけならこのボックスがおすすめです

上記のボックスに取り付けることが可能なタックルを立てるための物ですタックルを立てるのに小さい方でも立てることが可能ですが太いタックルもたまにあるため自分は大きい方を使用しています