ディスクトレイが開かない 修理 ベルト交換 Esoteric UX-3

自分で修理する場合は自己責任となります

その覚悟が無い方はこの先は読まないでください。

中古のEsoteric UX-3 を見ると ディスクトレーが開かない故障が結構出てきている。それも当然このDVDプレイヤー 

10年たっていてそんな症状がでても不思議ではない、しかしDVDも再生できるプレイヤーなのに CDの再生能力はかなり高く買い替えるにはもったいない

しかし実際に修理見積をだしてみると 約5万円、うーん 安いCDプレイヤーが購入できる そこで、中古相場を調べるもほとんどがトレー問題がる。

なので自分で修理することにしました。

部品の購入

必要部品はベルトはネットで検索すると下記のサイトで購入できることが判明しました。

CDパーツマン リンク先

必要部品

直径 22㎜ × 1.6㎜

個数 2個

20mm丁度の物は結構売っていますが

代用できるかがわからないため 22mmを購入しました。

必要工具

ドライバー1番 2番

六角レンチ セット

ピンセット 100金で十分

交換前の注意点

注意①

ネジがかなり固くしまっており。ドライバーセットなどではネジをなめる可能性が高いです、下記に様な貫通ドライバーを購入した方がいいです。

+ドライバに限りますが

海外製のドライバーは日本の規格のネジと設計が微妙に違う事があるため

日本製のドライバーがおすすめです。

使用しているネジは1番と2番になります。

ベッセルドライバー2番

ベッセルドライバー1番

六角レンチ なめる可能性があるのでPBがおすすめです。

注意②

基盤のコネクターを抜くとデータなどが入っている可能性があり

抜く事で立ち上がらなくなる箇所があります。

有無はわかりません 

内部の蓄電器の状態で違うため一概には言えませんが

私の物は問題なく抜いても再生しました。

交換方法

最終的にゴムは2個交換しました。

カバーは裏表両方外す必要があります

1個目のベルト交換

デッキの裏側のネジを外します写真で取れてない箇所がありますが〇で囲んでいるところを外す

 

外すと基盤が取り付けていますので青色のネジ4か所黄色のネジ2箇所紫のコネクターを外します。

 

中央のコネクタは忘れがちで取り付ける時も忘れそうになります。

ほとんどの帯線は引っ張れば取れますが

この部分のみコネクターを部分は、引っ張ってから引っ張らないと抜けないタイプになっています

写真のネジ6か所を外します。

胴の板は裏からピンクの色のアース線が取りついている為 銅板は横に立てかけています

水色のネジを3か所取り外します。

黄色のネジは裏側側から止まっています

裏からのネジを緩めると白の板を浮かすとベルト交換が出来ます。

反対側をばらして青のネジを緩めます。外す必要はありません。

上側のばらし方は下記にて記載。

2個目のベルト交換

上側の青のネジを外します。

青のネジを外します。

青のネジ2箇所 緑のネジ2箇所を外します

上にある基盤は外すとコネクターが多い為ずらすだけにしています。

青のネジ、黄色の柱、紫のコネクタを、外します。

青のネジ紫の柱、黄色のリングネジを外します。

1個目のベルトを交換するためのネジが見えてきます。

ここで一個目のベルトを交換します。

交換後は裏側は元に戻します。

青のネジを外します。 ディスクを回すモーターが取り外すことが出来ます。

コネクタはー外し方が分からなかったため、付けたまま作業しました。

青色のネジ3か所を外します。

これを外す事でトレーが外すことが出来ます。

青に箇所にあるベルトを交換します。

後は元あったように組み立てたら終了になります。

今回交換することでかなり快適にディスクが出るようになりました。

初期状態は分かりませんが 交換前のゴムはやわらかく

新品は固めになっていました。

外径は、ほぼ変わりませんでした。

ダイソン DC63 電源が入らない 分解 修理してみた

分解は自己責任でお願いします

故障状況(電源が入らない)

電源を入れてみると、電源を押してもうんともすんとも言わない状況になりました。購入して4年その当時は6万ぐらいしていたかと思います。

サポートに電話すると修理が21160円一律でした。しかし修理するにしても購入するにしても、高いので分解してみました。

修理することで結論としてなおりました。

分解

赤丸のネジを外します。トルクスのT8でとまっています。真ん中のフィルターは硬貨などでも回す事は可能です。

(今回分解していない箇所ですが本体はダイソンはT10、T15が使用しておりました。)

コンセントからの100v確認

コンセントを挿している状態で赤〇緑〇を電圧測定したところ両方とも100Vながれており、おそらく片側がコンセントからの100vもう片側はモーターに送る100vかと思いますが、

スイッチをOFFでも100v流れているため、リレーか何かで制御しており電源ONにした際にそのリレーがはいるのではと推測しております。現状ここが100v流れているのでコンセントからのモーターまでの電源は問題ないと思い別の箇所を確認しました。

※ここで電圧がない場合はリールコンセント部分が接触不良をおこしている可能性があるかと思います。

スイッチ回路の確認

緑の丸がジャバラホースに繋がっているスイッチ 

赤丸が本体についている電源スイッチに接続されています、

緑の丸・赤の丸のコネクターを抜き差しして、接触不良していないか確認しましたが、問題ありませんでした

ジャバラホースの確認 今回の原因

結論からいうと原因はここでした。

写真は本体と接続しているジャバラホース部分になります。(2枚目の写真の赤丸)

ここから3枚目の写真のブラシに電気を送っているのですが今回接触抵抗が高くなっており、安全回路が働いていたことでスイッチがON出来ない状況になっておりました。

下記の2箇所T8のネジを取り外しします。

下記の3か所が駆動部にあり、回転しても電気がノズル先端に送れるように接触する構造になっていますが、

掃除機だけにゴミがかなり付着しており接触不良を起こしておりました、この3か所を清掃する事で正常稼働しました。

掃除して接点復活剤を塗ろうかと思いましたが、グリスが混ざるとNGのグリスもあるため塗るのをやめました。

他のサイトを見ると、ブラシ本体が回らない状況などでスイッチが入らない状況もあるみたいです

GO PROのデーターをブルーレイレコーダーに取り込み方法

データを再生方法

GO PROのデーターを再生する際にGO PRO本体で再生するか大きな画面で見たい場合はテレビにHDMIに接続して再生するか、PCにUSB接続してデーターを転送してPCで再生する方法が一般的です。

しかしPCだとかなりのスペックが高くないと再生するとコマ落ちしてちゃんと再生できないです。

動画は、MP4で記録されるのですが4K30というスペックを最低再生できる能力が必要になってきます。

ブルーレイレコーダーでの再生

いままでパソコンや本体で再生していましたが、コマ落ちしたりGOPROを接続したりと簡単に再生できないのでブルーレイレコーダーで再生できないのかと思い今持っているレコーダーで試してみました

今回使用したのは全録レコーダーのDMR-UX7030になります。

パナソニック製のレコーダーは昔からいろいろな事で、出来る範囲が広いです。

実際に調べてみると、再生できそうなので試してみたところ再生できました。

さすがに動画を見る事に作られた機器だけあり抜君の操作性です。

取り込み方法

GOPROとレコーダーをUSBで接続してみましたが、レコーダがGOPRO事態を認識しませんでした。もしかして使用できないのかと嫌な予感がもしかして出来ない!!

接続してダメならこのモデルはSDを指すことが出来るのも魅力てきなところです。もしかしてSDを直接させば見る事が出来るのではと思いためしてみました。

結果は、取り込み作業をすれば普通に再生ができます。

マニュアルのこの方法で実際に再生できます

欠点

この方法で再生は出来るようになったのですが。欠点が当然あります。

再生したい物の題名がmp4の名前になってしまうのですが、日付の表示しかない為わざわざ名前を変換する必要があります。

 

セルレグザ  モニターを(XE2)チューナーが故障した状態で使用する方法

セルレグザのチューナーが故障しました、

これを購入した人は必ずやってくる夏になると発生する熱問題から今回の故障がはじまりました

ファンを掃除すればいいのではと思いとりあえずいつものように分解!!

 

 

 

しかしこれがよくなかった上記のまる基盤の下に大きいファンがあるのですがそれを清掃するのに、この基盤の電源を抜いたのが最後元にもどして電源をいれても何も反応なし

そこでやったこと、ネットで調べると電源を抜くリセットをするいろいろとやりましたがなにも反応なし

おそらく基盤内のシステムがとんだっぽい

※初めの画面でシステムを確認している状態がズーと続く感じです。

 

修理見積を依頼するとHDDとCPUボード交換!!

金額は高すぎる新品のテレビが購入できる金額になります。

しかしモニターは動くのにもったいないと思いいろいろ試してみました。

 

 他メーカーのHDDプレイヤーチューナーして使用

パナソニックのHDDをチューナーとして使用

どこのメーカーでもいいのですが、家にパナソニックが余っていたからパナソニックで確認しました当然のことながら HDMIで接続しているためテレビ等は映ります、しかし出来ないことが多かった

出来なかった事

  1. HDMIとの連動(テレビの電源自動OFF自動ON)
  2. 音量調整、結構致命的かと思いますがリモコンで操作が出来ません →レコーダー設定を変更すると操作可能です
  3. 原因はわかりませんがテレビを先にONしないとレコーダーが認識しませんので全くうつりません


東芝製、タイムシフトレコーダーを使用

 

DBR-M590

 

東芝の制のプレイヤーならどうなのか!

結論から言うとすべて元の状態と同じように使用できるようになります。

さすが同じメーカといったところでしょう、すべて使用できるようになり、B-CASカードの枚もかなり少ないくなります、なによりサイズが小さくなります。こんなことなら、分解せずに素直にレコーダーを買い替えればよかったと後悔

またモニター単体の為壊れる部分がすくないので長く使用できるのでは思っています。

しかし当然欠点はあります。

欠点

レコーダーは4kですがテレビが4kじゃないため4Kで再生できないです。

 

とりあえず今のところそれぐらいしか支障がないので、これで使用しています。