ALPINE 純正ブラケットを使用してレカロのヘッドレストに、リヤモニターを改造してに取り付け

純正の椅子だと、座りごごちが悪いため、レカロを取り付けたいのですが

ヘッドレストに取付ができないため、どうにか取付が出来ないかと思い

改造して取り付けしました。

※自己責任でお願いします。

今回取り付けたレカロはRECARO SP-JC 350リミテッド になります。

もともとS2000に取り付けていたものです。

今回取付に使用するのはここに空いている2つの穴になります。

今回使用したブラケットはこれになります。

モニター購入した際に付属していた物になります

取り付け箇所にある六角ネジを取り外します。

このネジの箇所に取り付けました。

今回は一番端の4か所に固定しました。

まず加工が簡単に出来る MDFを下記の様に加工します。

MDFはホームセンターなどで簡単に購入できます。

加工はジグソーで行います。 これぐらいの加工であれば安価な物で十分です。

個人的にマキタが好きなのでマキタをおすすめします。

カットしたらこのように取り付けをするのですが。

M4のネジがホームセンターに売っていたのが

一番長いサイズが80mmが最高で足りませんでした。

実測していませんがおそらく110mmは必要かと思います。

そこで使用したのが下記の様なネジ 長ねじを使用しました

これだとネジが長すぎるので必要な長さにカットします。

ニッパーや、のこぎりでカットは出来ますが。

ネジ穴が壊れてしまい タップを立てる必要があります。

なので下記の様な専用のネジ切りを使用します。

下記が必要な物になります。

カットすると、ネジを締める事が出来ない為。キャップネジを取り付けます。

下記をカットした先端に取り付けて締め付けてネジの頭にします。

見た目が微妙だったためカーボンシートを張り付けました。

今回使用したテープは3Mです。

今回使用したテープは3Mのカーボンテープです。

車のボディーや、内装に取り付けるさいに、いろいろ使用しましたが

一番きれいに貼ることが出来ます。

<script data-ad-client=”ca-pub-6754434061957831″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>後ろからの写真になります。

マイメロちゃんはタイラップで取り付けました。

レンズ、ランプ一体型、サーチライト(フォグランプ)が壊れたので、市販LEDライトを改造・取り付け修理した

サーチライト分解

分解してみましたが、写真の様にランプとレンズが一体で交換が出来ませんでした。

サーチライトを交換

下記のように部品は存在しますが一体になっているもので、ライトが付かないだけで

他は壊れていないので、もったいない精神が現れほかの方法がないかを、考えてみつけました。

安く修理する方法

今回は下記の12v作業灯を使用して修理しました。

2個で2千円台は安すぎる、しかも防水

修理方法

まずライト(レンズ)より若干小さい作業灯と購入します。

これだけだと取付ができないので。

作業率抜群のMDFを購入します、木はいろいろありますがカットが簡単にでき、割れにくいこれが一番作業は最高だと思います。

厚みはそのヘッドライトに合うものを使用する(取り付ける相手に合わして購入します)

実際にカットしてペンキを塗ったものが下記になります。

MDFは紙みたいな物のため、水をだいぶん吸いますので外で使用する場合ペンキを塗ったほうがいいです。

カットはジグソーなどで行うと簡単にできます。

これぐらいの加工なら1万円前後のもので十分です。

これにボンドを付けて止めたものが写真の物になります。

ボンドはなんでもいいのですが、外で使用することから

シーリング材で止めています。

シーリング材は上記のように壁の隙間を埋めるものになります。耐久性は抜群です

シーリングが固まったので、取り付けます。 

配線は+-のみになりますので配線は簡単に取り付け可能です。

実際に取り付けが完了したのが下記の物になります

本当に2000円でこの明るさはお得です。

ダイソン DC63 電源が入らない 分解 修理してみた

分解は自己責任でお願いします

故障状況(電源が入らない)

電源を入れてみると、電源を押してもうんともすんとも言わない状況になりました。購入して4年その当時は6万ぐらいしていたかと思います。

サポートに電話すると修理が21160円一律でした。しかし修理するにしても購入するにしても、高いので分解してみました。

修理することで結論としてなおりました。

分解

赤丸のネジを外します。トルクスのT8でとまっています。真ん中のフィルターは硬貨などでも回す事は可能です。

(今回分解していない箇所ですが本体はダイソンはT10、T15が使用しておりました。)

コンセントからの100v確認

コンセントを挿している状態で赤〇緑〇を電圧測定したところ両方とも100Vながれており、おそらく片側がコンセントからの100vもう片側はモーターに送る100vかと思いますが、

スイッチをOFFでも100v流れているため、リレーか何かで制御しており電源ONにした際にそのリレーがはいるのではと推測しております。現状ここが100v流れているのでコンセントからのモーターまでの電源は問題ないと思い別の箇所を確認しました。

※ここで電圧がない場合はリールコンセント部分が接触不良をおこしている可能性があるかと思います。

スイッチ回路の確認

緑の丸がジャバラホースに繋がっているスイッチ 

赤丸が本体についている電源スイッチに接続されています、

緑の丸・赤の丸のコネクターを抜き差しして、接触不良していないか確認しましたが、問題ありませんでした

ジャバラホースの確認 今回の原因

結論からいうと原因はここでした。

写真は本体と接続しているジャバラホース部分になります。(2枚目の写真の赤丸)

ここから3枚目の写真のブラシに電気を送っているのですが今回接触抵抗が高くなっており、安全回路が働いていたことでスイッチがON出来ない状況になっておりました。

下記の2箇所T8のネジを取り外しします。

下記の3か所が駆動部にあり、回転しても電気がノズル先端に送れるように接触する構造になっていますが、

掃除機だけにゴミがかなり付着しており接触不良を起こしておりました、この3か所を清掃する事で正常稼働しました。

掃除して接点復活剤を塗ろうかと思いましたが、グリスが混ざるとNGのグリスもあるため塗るのをやめました。

他のサイトを見ると、ブラシ本体が回らない状況などでスイッチが入らない状況もあるみたいです

プラレール、モーターが壊れたので修理してみた

プラレールですが、子どもが使用しているだけに扱いがわるいです、それでも壊れにくいですが。それでもやはり動かなくなることは多いです。そこで部品交換の方法、動かなくなったモーターを動かす裏技を記載しております。

分解改造は自己責任でおねがいします

分解前にやってみる事。

準備するのも

  • サンホイール 
  • 電池2個

8割ぐらいは写真の方法でなおります。

やり方は簡単キッチンにある、サンホイル適当な長さにカットして電池を直列に2個接続、要は通常1,5vですが3Vの電圧をかけるだけ。

上記の方法でなおらなければ、分解作業になります。

必要工具

・モーター

・プラスドライバー2番がおすすめ

・半田ゴテ

分解する際はスイッチをOFFで行ってください

ON状態で行うとばね付きのギヤが飛んでいきます。

交換する部品

いろいろ調べて見ましたが、純正のプラレールのモーターですが入手する方法がありません、確認するとトルク重視のモーターであることが分かり、おそらくこのモーターでないかと思い購入してみました。

※実際には違う可能性があります。

分解作業

今回使用するのはトーマスです。

カバーを取り外します

写真のネジを2箇所取り外します

写真のネジを取り外しますが 

ネジの部分のカバーを取り外すのは黒の駆動部の部品を取り外した後にしか外れません

黒の部分を取り外した写真になります

黒の部分は上にあげると、取り外せます。

写真のネジをとりはずします

そうすると、二つに割れます。ギヤを外すます

ギヤを外すとその中にネジがありますのでこれを取り外します。

ネジを取り外すとスイッチの蓋が取れるのでそれを取り外します。

後はモーターを取り外せばモーターが取り外せます。

モーターは半田でとまっているのでそれを取り外し、新しいモーターに取り付けます。モーター部に、電気が流れる金具が取りついているため、ビニールテープを巻いています。

ちなみに半田ですが、やに入りがおすすめです。溶けやすさが全然違います。

もとに戻す

手順は逆に行うだけで、元に戻すことが可能です。

戻す際はグリスアップを行うと事をおすすめします。

グリスは基本田宮の物でいいと思いますが。

個人的には、なんでも使用できるこれです。正直なんでもぬれるので最強のグリスです。

備考

ネジのサイズですが基本的に、おもちゃなどは同じ部分今回だと中の駆動部と外の外装部でネジが違っており、同じ部分に使用しているネジは同じネジを使用しているのが基本です、これはおそらくパートさんなどが組むためにまちがってもいいように同じサイス、長さのネジが使用されているのでは思っております。

おすすめのモーター

今回は修理でしたので、もともと使用されているモーターを使用ししましたが。

ミニ四駆と違いプラレールはトルク重視のモーターがおすすめです。理由として本体その物が重く、また電池も1個のためです。

コールマン cpx6バッテリー 充電しないので分解、修理

コールマンのCPX6というシリーズは電池を直接いれるタイプではなくカートリッジ部が外れる構造になっており、単1を4本入れて使うタイプです、しかしアルカリ電池4本というのは財布的にかなり負担が大きい為

改造は自己責任でおねがいします

ランニングコスト的に充電できる方がいいと考え調べました。

そこで、バッテリーも2種類ありハイパワー用と通常タイプがあることが分かりました。

今回は下記のハイパワータイプを購入



しかしコールマンの充電タイプは両方ともかなり評価が低い!!

よく書いているのが、充電完了ランプが点灯していたも充電ができていない状況が発生するという内容が多く記載がありました。

そんな記載が多いがとりあえず購入してみました。

しかし案の定何度か充電している記載しているような状況に、、、、

修理まえの状況

正常な状況だと下記の赤いランプが数時間点灯後緑に変わるのが正常です。

今回の状況は赤いランプが点灯して数秒で緑に点灯、しかしランタンにつけてみると全く点灯しません。とりあえずテスターで電圧を確認0.8v正常な値は約7vなので分解してみました。

分解して確認

分解してみると単2ぐらいの充電池が5本入っていました

注単2と微妙にサイズが違います

一個一個テスターで確認1.5v~0.5vと同じ電池なのに電圧が同じではない

そこで電池に電圧が記載していないか確認、しかし書いていない、

単2に似ているのでこれで充電出来るのではと、ためして見るもプラス側の出っ張りが少なく接触出来ない

そこで使用したのがキッチンにあるアルミホイルを先端部に取り付けて

再度確認、充電開始ランプ点灯、本来のこの電池が対応しているか不明の為完了ランプ点灯前に外して電圧を確認1.5vに充電出来ている。



しかし充電は出来た物を本体に戻して、本体の電圧をはかるも変化なく0.8vもしかして接触不良?一か所一か所を接触不良がないのかを確認してみると

プラスの電池の接触部分で接触不良がよくよく見ると青く錆びている。

紙やすりでこすると接触不良回復しかし数日たつとまた青錆び発生!接触不良の繰り返し流石にこれでは毎回分解するのが面倒なので修理方法を検討しました。

接触不良回復方法

接触不良を回復するのに、そもそも青錆びが発生しないようにコーティングを方法も考えましたが、コーティング方法を思いつかなかったので半田でをのせてみました。

実際に半田をのせてみると、この金具が悪いのか全くのりませんでしたので、上から垂らすように、落として半田を付けています。

これが功を奏したのか何か月たっても接触不良青錆びが発生しなくなり充電もスムーズに!

 


GO PROのデーターをブルーレイレコーダーに取り込み方法

データを再生方法

GO PROのデーターを再生する際にGO PRO本体で再生するか大きな画面で見たい場合はテレビにHDMIに接続して再生するか、PCにUSB接続してデーターを転送してPCで再生する方法が一般的です。

しかしPCだとかなりのスペックが高くないと再生するとコマ落ちしてちゃんと再生できないです。

動画は、MP4で記録されるのですが4K30というスペックを最低再生できる能力が必要になってきます。

ブルーレイレコーダーでの再生

いままでパソコンや本体で再生していましたが、コマ落ちしたりGOPROを接続したりと簡単に再生できないのでブルーレイレコーダーで再生できないのかと思い今持っているレコーダーで試してみました

今回使用したのは全録レコーダーのDMR-UX7030になります。

パナソニック製のレコーダーは昔からいろいろな事で、出来る範囲が広いです。

実際に調べてみると、再生できそうなので試してみたところ再生できました。

さすがに動画を見る事に作られた機器だけあり抜君の操作性です。

取り込み方法

GOPROとレコーダーをUSBで接続してみましたが、レコーダがGOPRO事態を認識しませんでした。もしかして使用できないのかと嫌な予感がもしかして出来ない!!

接続してダメならこのモデルはSDを指すことが出来るのも魅力てきなところです。もしかしてSDを直接させば見る事が出来るのではと思いためしてみました。

結果は、取り込み作業をすれば普通に再生ができます。

マニュアルのこの方法で実際に再生できます

欠点

この方法で再生は出来るようになったのですが。欠点が当然あります。

再生したい物の題名がmp4の名前になってしまうのですが、日付の表示しかない為わざわざ名前を変換する必要があります。

 

ミニオン メガブロック お城のヒンジ部折れたのでレゴで修理

ミニオンブロック メガブロック概要

ミニオンのブロックですが、定番のレゴからは販売されておらずメガブロックから販売されています、

しかしこのメーカーの欠点は、一個一個の部品を売っているお店がないことです。

また、オークションとかでもミニオンは売っているのですが、ブロックが売っていません。

レゴとメガブロックの互換性

そこで、気になるのがブロックで一番有名なレゴです。

もしかすると使えるのではと思い、いろいろと調べてみると、レゴとの互換性があることが分かりました。

そこで、レゴ専門店なら単品部品を売っているのではと思い電話をして確認してみましたが、近くの専門店には単品販売していませんとのこと

ネットならあるのではと思いいろいろと調べてみると

見つけました

レゴの単品を売っているお店

以前壊れたものを修理

以前に購入してみたもので実際に修理しました

修理したのは下記の物です。

メガブロック ミニオンズ ロンドンのお城で冒険だ!

組み立てて子どもが遊んでいましたが、ヒンジの部分が折れてしまいあきらめていました

ヒンジ部ですが ブロック数にして下記の一番小さいもので2ブロックの高さになります

上記のもので2ブロック必要になります。

修理までのながれ

実際に購入したのは、メーカーが違うので全く同じ色というのはないだろうと思い色違いを買いました。

赤色の一番薄いブロックです。

お城の部分は、これが2ブロックなので2個くつけて使用しました。

実際に取り付けてみると、ピッタリです。

赤が結構インパクトがありかなり満足です。

備考

結果としてやはりメガブロックと、レゴは互換性があり取り付けることが出来ました、

また開閉できる量も、レゴの方が大きく開くことが出来るようになりました。

欠点は以前は開閉の部分だけ取り外しができバラバラにすることで出来たのですが、レゴにして取り外しが出来なくなったことぐらいです。

アップリカベビーカー スムーヴのタイヤ取り外し、ブレーキ調整

4輪のベビーカーを使っていましたが、子どもが大きくなりタイヤの周りが悪くなり乗り換えを検討していましたが、この際なので3輪がいいかなと思い3輪を見に行ってきました。

実際に購入してみて、4輪の時とは全く別物というぐらい軽くなりました、また乗り心地もよくなりました。

現行モデルは空気の入るモデルではなく、空気レスモデルに代わっています。

 

スムーヴを購入してみてタイヤ交換やブレーキ調整などマニュアルには載っていますが、やり方がいまいちわからなかったため

実際にやってみました。

スムーヴタイヤ取り外し

マニュアルには下記の様にボタンを押せば外れると記載があったので試してみましたが、

まったく外れません2段ボタンなのかと強く奥まで押してみるも変化なし

外れるまで結構苦労しました。

実際の取り外し作業

①赤丸の部分がボタンになりますので押します。

ボタンは途中から固くなるタイプではなく通常のボタンですので奥までおすだけです。

②初めはタイヤの部分を持って上に持ち上げていましたが、全く外れません。

下記の黒い部分を持って上に持ち上げます。

③写真の様に黒い部分としたの部分が外れます

 

 

④あとは引っ張るだけです。

⑤取付は突起部分に気お付けて取り付けるだけです。

 

 

⑥奥まで差し込むと最後にカチッと音がします。

左右両方外した際はタイヤに回転方向があるため逆に付けないように注意してください。

スムーヴブレーキ調整

購入した際に右と左のブレーキの差がありブレーキを掛けた際に回転してしまった為調整しました。

調整は、マニュアルに記載のあるようにナットを緩めて締めるだけですが

Aナットを緩めずにBナットを回した為全く調整できませんでした。

タイヤをあげた状態で、ブレーキをかけてタイヤが回るかチャンと止まるかを確認します。

タイヤが回る場合はマニュアルのブレーキ調整が不十分なのか

下記の黒い部分に油が付着している可能性が高いです。

自分自身もこの部分を清掃したら ブレーキの効きがよくなりました。

備考

現在3年保証になっていますので不明な場合は、アップリカに送って修理を頼むのも一つだと思います。

ただ修理は送料が必要になります。

3年保証の登録は購入日がわかるものがあれば登録ができます。

セルレグザ  モニターを(XE2)チューナーが故障した状態で使用する方法

セルレグザのチューナーが故障しました、

これを購入した人は必ずやってくる夏になると発生する熱問題から今回の故障がはじまりました

ファンを掃除すればいいのではと思いとりあえずいつものように分解!!

 

 

 

しかしこれがよくなかった上記のまる基盤の下に大きいファンがあるのですがそれを清掃するのに、この基盤の電源を抜いたのが最後元にもどして電源をいれても何も反応なし

そこでやったこと、ネットで調べると電源を抜くリセットをするいろいろとやりましたがなにも反応なし

おそらく基盤内のシステムがとんだっぽい

※初めの画面でシステムを確認している状態がズーと続く感じです。

 

修理見積を依頼するとHDDとCPUボード交換!!

金額は高すぎる新品のテレビが購入できる金額になります。

しかしモニターは動くのにもったいないと思いいろいろ試してみました。

 

 他メーカーのHDDプレイヤーチューナーして使用

パナソニックのHDDをチューナーとして使用

どこのメーカーでもいいのですが、家にパナソニックが余っていたからパナソニックで確認しました当然のことながら HDMIで接続しているためテレビ等は映ります、しかし出来ないことが多かった

出来なかった事

  1. HDMIとの連動(テレビの電源自動OFF自動ON)
  2. 音量調整、結構致命的かと思いますがリモコンで操作が出来ません →レコーダー設定を変更すると操作可能です
  3. 原因はわかりませんがテレビを先にONしないとレコーダーが認識しませんので全くうつりません


東芝製、タイムシフトレコーダーを使用

 

DBR-M590

 

東芝の制のプレイヤーならどうなのか!

結論から言うとすべて元の状態と同じように使用できるようになります。

さすが同じメーカといったところでしょう、すべて使用できるようになり、B-CASカードの枚もかなり少ないくなります、なによりサイズが小さくなります。こんなことなら、分解せずに素直にレコーダーを買い替えればよかったと後悔

またモニター単体の為壊れる部分がすくないので長く使用できるのでは思っています。

しかし当然欠点はあります。

欠点

レコーダーは4kですがテレビが4kじゃないため4Kで再生できないです。

 

とりあえず今のところそれぐらいしか支障がないので、これで使用しています。

 

 

ホンダ 純正ナビ(フリード) 走行中見れる用に キャンセル方法

ホンダ純正ナビ(フリード)でを走行中に映るようにする紹介しております。

作業はいたって簡単で多少車をいじれるひとならだれでもできる内容になります。

配線はサイドブレーキの配線をアースに落とすことによりみる事が可能になります。

ナビゲーション取り外し

ナビの下にあるパネルをマイナドライバーなどで下に引っ張ると内張が取り外せます。

下記の様にネジが見えますのでネジを2個取り外します。

後は周りのパネルを引っ張るだけです。

サイドブレーキの配線処理

コネクターをすべて外すと下記のコネクターが見えますのでこれの青色の配線を切断します。

コネクター側の配線にアースに取り付けするために下記の様な物を取り付けてください

車から出ている配線はビニールテープでショートしないようにしてください

※間違って逆をつなぐとサイドブレーキのランプが消えなくなりますが、配線をやり直せばランプは消えます。

配線を処理したものをナビの右側にあるアースポイントに取り付けます

ナビを取り付ける

逆の手順で取り付けをすれば元の状態に戻すことは可能です。