ヘーベル デザインスタジオ お風呂 グレード編

デザインスタジオにはおふろがそろっています。その中でグレードが4グレードあります。

一番上のモデルと一番下のモデルとの差が20ちかくあります

またオプションにより同じもでるでも金額がかわってきます。

メーカーは3メーカーTOTO 積水 リクシルになります。

そのモデルから余分な装備を外していくと安いモデルになります

 

Hシリーズ

52万円~

お風呂サイズがグレードが上がると選べるサイズが違います

1616 リクシルのみ

1618

1620

 

リクシル

スマートエスコートバー

洗い場から浴槽までバーが付いていますまた

シャワーの位置がバーに沿って移動できます。

うるつや除水

除水カートリッジを取り付ける事ができます

カートリッジが金額結構するのが難です

ミナモ浴槽

角が少ない形状なのでお手入れが楽です

浴槽の上緑を極限まで広いので開放感がかんじます。

TOTO

Hのみ

  1. 水栓がHタッチ水栓になっています
  2. 鏡がワイドミラー
  3. タオル掛けやシャンプーの棚のデザイン
  4. お掃除楽々浴槽
  5. コンフォートウェーブシャワー

基本仕様

クレードル浴槽

ヘッドレスの部分を高くなっていますが

またぐ部分は低くなっているので入りやすいです

ほっかり床

床がやわらかくなおかつ床が断熱をされているので冷たくありません。

またオプションで床をキレイ除菌水で自動であらうという

オプションが取り付け可能です。

 

選択オプション

楽湯 (ファーストクラス浴槽選択必須)

188000円

ファーストクラス浴槽

191000円

 

Fシリーズ

44万円~

お風呂サイズ

13-17

17-17

 

セキスイ

ゆったりフロア

浴室の形状が写真の様になっており洗い場のスペースが確保できます

高断熱フロア

TOTOのほっかり床のように断熱材がはいっています

TOTO

上位モデルと同じように下記がついています

クレードル浴槽

ヘッドレスの部分を高くなっていますが

またぐ部分は低くなっているので入りやすいです

ほっかり床

床がやわらかくなおかつ床が断熱をされているので冷たくありません。

またオプションで床をキレイ除菌水で自動であらうという

オプションが取り付け可能です。

 

Sシリーズ

36万円~

お風呂サイズ

16-16

リクシル

ほとんどの物が選択式になります。

Sパターンシリーズ

34万円~

リクシル

リクシルのもでるからシャンプーの台など

余分なモデルをなくしたモデルになります。

 

ヘーベル デザインスタジオ キッチン編 グレード

デザインスタジオにはキッチンもすべてそろっています。その中でグレードが4グレードあります。

一番上のモデルと一番下のモデルとの差が25万ちかくあります

また食洗器を付ける外すなどオプションにより同じもでるでも金額がかわってきます。

 

Hシリーズ

50万~

ヘーベルオリジナル

これの魅力は蛇口が真ん中にあり右側に幅がありますなので

市販の食洗器を置くことができます。

またデザインもかなりシンプルデザインです。

リクシル

シンクが広いのが特徴です 幅92があります。

またセラミックカウンターが選べるもの特徴です。

しんくも つなぎ目がなくお手入れが楽です。

トクラス

ピアノを作っていた会社だけあり人造大理石を使用しています

特徴としてつなぎ目がない一体になっているのが特徴です。

奥行が540mmあります。

標準でコンセントも標準で装備しています。

 

ハイバックカウンター

付いておりアイテムなどをひっかける事ができます

 

Fシリーズ

42万~

クリナップ

シンクが底面が凸凹しており汚れが付くにくく

シンクに傾斜が付いており水の流れで汚れが落ちやすいのが特徴です。

Sシリーズ

36万~

リクシル

上位モデルにもあるリクシルになります。

金額を抑えたもでるになり

しかしこのモデルはセラミックモデルがありません

ヘーベル デザインスタジオ 大阪 内装 トイレ 洗面台 

今回は内装編になります。 トイレ、お風呂、洗面台、洗面台の内容になります、一緒にキッチンを見てきたのですが、写真を撮るのを忘れてしまたため いった際に次回になります。

トイレ編

タンクレス

まずトイレ編ですが、一番高級なタンクレスタイプのTOTOネオレストになります、何より見た目がきれいです

おもな仕様は下記になります。

  • 床排水芯:200mm、隠蔽給水
  • 標準リモコン
  • 洗浄水量:大3.8L、小3.3L、eco小3.0L
  • 〈除菌〉・きれい除菌水:薬品や洗剤を使わず水から作られ、時間がたつと、もとの水に戻ります。 ・ノズルきれい:「きれい除菌水」がノズルの内側も外側もしっかり洗浄・除菌。
  • 〈防汚〉・セフィオンテクト:陶器表面の凹凸をなくして汚れやカビをツルッと落とします。 ・クリーン樹脂:はっ水性のある樹脂が汚れをはじきます。
  • 〈清掃〉・トルネード洗浄:渦を巻くような水流が汚れやすいエリアをしっかり洗
  • 停電時でも水が流せます

 

Amazonのサイトで30万弱と比較的高級な物になります

隣にあるモデルはヘーベル特注品で不要な物が省いたモデルで、比較的安値になります。

タンクレスのメリット、デメリット

メリット

  1. タンクに水をためる必要がないてめ比較的少ない水で流すことが出来るため節水力が高い
  2. 出っ張りが少ない為、掃除がしやすい
  3. 見た目がかっこいい
  4. 連続的に水を流すことができる
  5. トイレが広く使える

デメリット

  1. 手洗いが別に必要
  2. 水圧が低いと付ける事ができない
  3. 停電時はモーターで流すため、苦労する
  4. これが一番デカイデメリットですが、トイレ自体はこわれませんが、ウォシュレット部分がこわれます。約8年程度そうなった場合交換費用が高いです、現状で15万円程度

 

タンクレスハイブリッド

 

下記はタンクレスぽく見えますが、タンクレスではなくタンクが後ろに部分についている

タイプになります、 下記も同じようにタンクレスと似たタイプになりますが

タンクに水をためる事が出来るため

タンクレスとのデメリットの、停電時に水を流すことができます。

タンクタイプ

 

安心のよくみるタンクタイプ、

はっきりいって、後々お金を使いたくない場合はこのタイプが一番おすすめです。

なぜかというと、壊れた際にTOTO以外のトイレも取り付けが可能で、よく見るタイプの為 部品が多い事です

タンクタイプのメリット、デメリット

メリット

  1. 故障した際の部品の種類が多く修理が容易
  2. 手洗いが別にいらない
  3. 停電しても、水が出ていれば流れる
  4. 安い

デメリット

  1. タンクに水をためる為、水道代が高くつく
  2. タンクに水をためるため、連続で水が流せない
  3. タンク部必要なためトイレが狭くなる

しかし このタイプも一体型のため ウォシュレット部分だけの交換ができません

最終決断

結局これにしました

TOTO製は便器のみの交換が出来ないので壊れた時に高くつきそうなので

唯一交換可能なこれにしました。

どこでもある一般的なモデル

色はピンク 白 アイボリーの3色あり 写真の物はアイボリーです。

トイレに取り付けることが出来る簡易の手洗いです。

おすすめ 物干し金物

ヘーベルで一番んおすすめの、物干し竿を付ける事がでまた不要な時は外すことが出来る、棒になります。

これを一個付けるのは、数千円で比較的安く付ける事ができるため

何箇所が取り付けすることをおすすめします。

私のところは4か所取り付けています。

1個販売もしている為、一か所は物干しハンガーなどに使用ができます

洗面台

今回気になったのがこのタイプです。

TOTOのベッセルタイプ 

デザインがいいのですが収納があまりありません。

金額は2番目に高い

15万円~

これはメインで使用するには別に収納が欲しいです。

収納もあるタイプでパナソニックのタイプになります。

8万円~

TOTOのモデル

12万円~

これのすごいことろは、三面鏡がすべて収納になります。

個人的にはオプション(3万円)で付けれる歯ブラシを洗えるキレイ除菌水が魅力的です

合計5万円プラスするおと自動で水が出るようになります。

壊れても水を出すことが可能だということです。

 

しかも三面鏡の一番端が前に出てくるという優れものです、

住友林業モデル

18万円~

デザインと天板の広さは最強レベルです。

2人同時に使用しても全然余裕の天板の広さ

何よりデザインが最高の恰好よく

つくりも林業だけありすばらしいです。

問題はこれを置く場合かなりの広さが必要です。

ヘーベル デザインスタジオ 場所 大阪に行った。 外装、扉編

概要

インテリアコーディネーターと一回目の打ち合わせを行う場所です

ヘーベルのほとんどの物があり、実際の物を見ながら打ち合わせが出来る場所です。

打ち合わせをする前に一度実物をみて、打ち合わせにのぞみたい為

自主見学という形で見に行ってきましたので、今回はコーディネーターは同席しておらず

2時間程度見学しました。

実際に行く際は予約が必要で、予約をしてパンフレットをもらういます。

しかも保育士さんが子どもを見てくれてゆっくり見ることができます

玄関扉

展示がそこら中にありますが今回は壁と扉のみにフォーカスします。

まず気になったのがこの扉壁とセットで展示されており この扉の特徴は

デザインもいいのですが、 真ん中の部分が 開き換気が可能です。

+2.5万円になります。

ちなみに両側にガラスを付ける場合は+5万円ですが。

ガラスを増やす場合は確認申請が終わっている場合は増やすことが出来なく

インテリア打ち合わせに入った場合で確認申請がおわっている可能性があるため

注意が必要です。

個人的には一番いいかと思っている扉になります

横の壁はBMというモデルで通常のモデルより加工が多い為

4万円高くなりますが、

壁は後からデザインを変える事が出来ない為

今回採用しようと考えております。

こちらの展示は同じように扉とデュラ光が採用されており、要はコーティングみたいなものだと思うのですが、

これがデュラ光だといわれても、それと比較する物がないのでよくわかりませんでした。

デュラ光

下記のような物になります。

実際に同じ環境で立てた物があれば一番わかりやすいのかなと思いますが。

理論的に、2軒家を建てるのは不可能だと思います

また白い壁であれば採用する価値はかなり高いと思います。

現在は私は白にするか 黒にするかなやんでいます。

立っているへーベルをみると汚れて黒くなっている物が多い為

黒にしてしまえば、汚れに関しては気にする必要はないのかと思っています。

ただ白っぽくなる汚れがある可能性はありますが。

黒の壁が採用されたのは最近になりますので、現状わかりません。

壁の汚れに高圧洗浄はどうか?

結論から話をすると、おそらく塗装が弱くなるか剥がれます。

理由として、高圧洗浄の構造として、水の圧力では入りきらない塗装と材料との間に水を入れてはがすという構造の為、水圧を上げていけば当然隙間に入ることが可能になります。

なのですべての高圧洗浄で塗装が落ちるかというと疑問ですが。

必要圧力に達することが出来る高圧洗浄機であれば塗装が落ちる可能性があります。

なので高圧洗浄は行わないほうがいいと思います。

最後の見たのがこれ、扉は一番普通のモデルですが 横の壁!

これを一番採用したかた 壁ですが、なんと3階だて建てだと採用できるらしいのですが

2階不可能、私の家は2階の予定なので採用できませんでした。

その他の壁と扉