新築 室内有線LANを現在のMAXスピードに変更した。

MAXスピードにいたるまで

ヘーベル以外契約をしたことがないためわかりませんが。

基本的にやりたいことを言ったら

それに対して回答をもらえると感じており今回も、差額で対応してもらいました。

 

周波数特性と通信速度の考え方

通信速度

通信速度は車に例えると荷物を運んでいる車になります。

当然10キロの荷物を運べるトラック

6キロのものしか運べない車だと

10キロの荷物を運ぶ際、トラックだと1回で済みますが

車だと2往復する必要があるため、通信速度が速い方が早くつながります

しかしネットを見るぐらいであれば1キロの荷物を運ぶだけなので

車でもトラックでも同じ速度になります。

 

周波数特性

車にたとえるなら、1車線しかない場所を1台だけはいるのであれば問題りませんが2台なり3台はいるのであれば当然2車線3車線あるほうが早く走ることができます。

なので複数台つなぐのであれば、周波数特性高い方がおすすめです。

 

今後のLANケーブル

昔は電話線はなくてはならないものでしたが

現在はLANはなくては、ならない物になってきました。

ヘーベルだと標準だとcat5Eですが,速度は1Gbpsで1999年に初めて出回ったものになりますが、正直インタネットをみたり動画をみるだけなら、これで十分です。

 

しかし、2020年4月からフレッツ光も10Gbpsになる事と、VRやAIの発展が今後増えてくる可能性がある為、新築を建てる際だとほとんど金額かからない

しかし現在のMAXLANはcat8ですが cat8はかなり高く

cat7でする10年以上たっているのに現在メインは5eです

そこでcat7でいいのではと思い

7に変更でいろいろと調べてみました。

しかし住宅のこういった対応は遅く結構調べましたが

壁に取付が可能なジャックは6AがMAXでした。

なので諦めて壁のジャックは6Aにしました。

壁の中の配線

ジャックは後でも交換可能なのですが、壁の中を通っている配線は、交換するのにかなりの費用が発生するので、壁の中の配線は調べてこれにしました。

このLANケーブルはHI-BIに記載がありオーディオなどノイズが致命的になる物に最適なモデルで、壁の中の配線は、電源ケーブルラジオをケーブルなどいろいろなケーブルと一緒にまとめて配線をします。

なのでノイズは比較的のりやすい為ノイズ対策が高く、なおかつ金額もリーズナブルなこのモデルがおすすめです。

欠点といえばこのモデルは15mまでしかない事です。

15m以上の場所

15m以上の場所ですが。全部上記のモデルにしたかったのですが

出来ないので同じ7のこれにしました。

正直7Aも考えたのですが。周波数帯域は(上記に記載していますのでご確認ください)しか変わらなかったため

7にしました。

正直7でもおーばスペックだと思っています。

新築のライトをすべて電球を交換できるもの変更

現在LED化がすすんでおり、切れにくい事からダウンライトがすべて交換はユニットASSYになっています。


ヘーベルにかかわらず、新築で立てる家は交換が難しいモデルになってきています。
それもそのはず、koizumiもパナソニックもオーデリックも交換できるモデルがほとんどありません。


しかしLEDは切れる事は少ないですが、基盤は壊れます

私のイメージ的には長くて10年で切れるイメージです。その際に交換すると、物自体はそこまで高くありませんが。人件費がかかります、しかも10年後の人件費ていくらなのて感じなので、今の間に交換できる物に変更いたしました。

 

交換前の打ち合わせ

まず交換できるモデルをヘーベルハウスのインテリアコーディネーターと打ち合わせを行うのですが。

一番びっくりしたのが、定価販売だと思っていたのですが、何パーセントか値引きがある事です。

しかも今ついている物からの差額になります。

Amazonで買う方が安いですが。

一か所あたり約3000円程度なので個人的には交換するメリットは高いかと思います。

ダウンライトとシーリングライト

ダウンライトとシーリングライトをそれぞれ選ぶ形になると思いますが

デザインをとるなら ダウンライトですが。

ダウンライトの欠点は、やはり光の広がりが少なく

シーリングライトなら1個ですむところを数個必要になります。

交換したもの。

玄関 

やはり自動で点灯にしたかった為

人感センサータイプの物に変更しました。

部屋のダウンライト

コイズミの物がホームセンターなどで購入できるものだったのでこれにしました。

調光が欲しい部屋

普通のダウンライトでも、調光の電球を付ければ出来ますが

それだと普通の電気の球が付けれないという欠点があります。

また電球の高さだけ、高さが必要になりますので、狭い場所には不向きです。

そこで調光も出来て電球が交換が出来るものがいいと思いこれにしました

これだと、アマゾンなので電気の球が売っています。

電気の球は専用の物になります。

階段部

階段はやはり角に付けて手が届くところで交換が出来るようにしたかったため

このモデルにしました。

おすすめのインテリア

交換可能な電球だと下記の様な、ダクトレールタイプの物もおすすめです。

交換は電球ごとの交換が多いですが

ひねるだけで取付ができます

後シーリングライトも取り付けが出来るので、ほどんどの電球が取り付け可能です。

家電量販店とかはほとんどがこのダクトレールタイプで変換してることが多いです。

 

ヘーベル デザインスタジオ 大阪 内装 トイレ 洗面台 

今回は内装編になります。 トイレ、お風呂、洗面台、洗面台の内容になります、一緒にキッチンを見てきたのですが、写真を撮るのを忘れてしまたため いった際に次回になります。

トイレ編

タンクレス

まずトイレ編ですが、一番高級なタンクレスタイプのTOTOネオレストになります、何より見た目がきれいです

おもな仕様は下記になります。

  • 床排水芯:200mm、隠蔽給水
  • 標準リモコン
  • 洗浄水量:大3.8L、小3.3L、eco小3.0L
  • 〈除菌〉・きれい除菌水:薬品や洗剤を使わず水から作られ、時間がたつと、もとの水に戻ります。 ・ノズルきれい:「きれい除菌水」がノズルの内側も外側もしっかり洗浄・除菌。
  • 〈防汚〉・セフィオンテクト:陶器表面の凹凸をなくして汚れやカビをツルッと落とします。 ・クリーン樹脂:はっ水性のある樹脂が汚れをはじきます。
  • 〈清掃〉・トルネード洗浄:渦を巻くような水流が汚れやすいエリアをしっかり洗
  • 停電時でも水が流せます

 

Amazonのサイトで30万弱と比較的高級な物になります

隣にあるモデルはヘーベル特注品で不要な物が省いたモデルで、比較的安値になります。

タンクレスのメリット、デメリット

メリット

  1. タンクに水をためる必要がないてめ比較的少ない水で流すことが出来るため節水力が高い
  2. 出っ張りが少ない為、掃除がしやすい
  3. 見た目がかっこいい
  4. 連続的に水を流すことができる
  5. トイレが広く使える

デメリット

  1. 手洗いが別に必要
  2. 水圧が低いと付ける事ができない
  3. 停電時はモーターで流すため、苦労する
  4. これが一番デカイデメリットですが、トイレ自体はこわれませんが、ウォシュレット部分がこわれます。約8年程度そうなった場合交換費用が高いです、現状で15万円程度

 

タンクレスハイブリッド

 

下記はタンクレスぽく見えますが、タンクレスではなくタンクが後ろに部分についている

タイプになります、 下記も同じようにタンクレスと似たタイプになりますが

タンクに水をためる事が出来るため

タンクレスとのデメリットの、停電時に水を流すことができます。

タンクタイプ

 

安心のよくみるタンクタイプ、

はっきりいって、後々お金を使いたくない場合はこのタイプが一番おすすめです。

なぜかというと、壊れた際にTOTO以外のトイレも取り付けが可能で、よく見るタイプの為 部品が多い事です

タンクタイプのメリット、デメリット

メリット

  1. 故障した際の部品の種類が多く修理が容易
  2. 手洗いが別にいらない
  3. 停電しても、水が出ていれば流れる
  4. 安い

デメリット

  1. タンクに水をためる為、水道代が高くつく
  2. タンクに水をためるため、連続で水が流せない
  3. タンク部必要なためトイレが狭くなる

しかし このタイプも一体型のため ウォシュレット部分だけの交換ができません

最終決断

結局これにしました

TOTO製は便器のみの交換が出来ないので壊れた時に高くつきそうなので

唯一交換可能なこれにしました。

どこでもある一般的なモデル

色はピンク 白 アイボリーの3色あり 写真の物はアイボリーです。

トイレに取り付けることが出来る簡易の手洗いです。

おすすめ 物干し金物

ヘーベルで一番んおすすめの、物干し竿を付ける事がでまた不要な時は外すことが出来る、棒になります。

これを一個付けるのは、数千円で比較的安く付ける事ができるため

何箇所が取り付けすることをおすすめします。

私のところは4か所取り付けています。

1個販売もしている為、一か所は物干しハンガーなどに使用ができます

洗面台

今回気になったのがこのタイプです。

TOTOのベッセルタイプ 

デザインがいいのですが収納があまりありません。

金額は2番目に高い

15万円~

これはメインで使用するには別に収納が欲しいです。

収納もあるタイプでパナソニックのタイプになります。

8万円~

TOTOのモデル

12万円~

これのすごいことろは、三面鏡がすべて収納になります。

個人的にはオプション(3万円)で付けれる歯ブラシを洗えるキレイ除菌水が魅力的です

合計5万円プラスするおと自動で水が出るようになります。

壊れても水を出すことが可能だということです。

 

しかも三面鏡の一番端が前に出てくるという優れものです、

住友林業モデル

18万円~

デザインと天板の広さは最強レベルです。

2人同時に使用しても全然余裕の天板の広さ

何よりデザインが最高の恰好よく

つくりも林業だけありすばらしいです。

問題はこれを置く場合かなりの広さが必要です。

最近 気になっている premoa通販で新築の物を買ってみた。 

安く物を買うために、確かに一番安い物が記載されている

価格.COMをよく見るのですが

 

価格.COMを金額を調べる上で、個人的に重要なのが サイト自体に記載している

お店が知らないところが多い事です。 

心配なのが、クレジット番号を記入が必要な事が多いです

価格.comに乗っているのだから大丈夫だと思うのですが

しかし詐欺が多い世の中かなり心配です。

しかし、同じ物を安く手に入れたい 安く手に入れて、その余力でもっといいグレードにしたいです。

そこで見つけたのがここのお店です。

総合通販premoa(プレモア)

「premoa」の画像検索結果

ログインは楽天のIDとパスワードで使用可能で、クレジットも楽天を使用することですので安心です。※プレモアの利点であるポイントを獲得できません


しかも金額が全体的に価格.comの最安値ででています。

欠点は、注文から 発送までの期間が長い事です。

 

新築に付ける エアコン 選び 安くダイキンを購入して、快適空間を実現

へーベルで家を建てると家はどうしようもないのですが、他の所で節約を出来ないかという事で、エアコンを自分で準備すべく 調べて見ました。

エアコンの比較

寝室はやはり静音がたかくないと気になって寝れないのと

いろいろな、エアコンを付けてきましたが 静かでなおかつ風が自然な風に近い物がよかったため 今までで一番よかった ダイキンにしました。 ダイキンのいい点は安いモデルでもかなり出来がいいのが特徴です。

購入時期の時期

エアコンのメインとなるのは、夏ですが実はダイキンの新モデルがでるのは11月ですと4月です。しかも高級モデルは11月そう冬なのです。

しかも、エアコンはある程度完成度が高く、大きな変化はないのでこの時期の旧モデルが狙い目です。  

旧モデルのうるさらの最上級モデルだと約10万円の差があります。

取り付けは安い電気やに行ってもらうと、2万円程度すむ場合もあります。

実際に量販店だと、一個したのモデルで10万円ぐらい差がある場合もあります。

物は同じでも一個手間をかける事で比較的に安く取り付けできます。

 

エアコン選び方

まず選ぶ上で適用畳数というのがありますが、これは8~10畳と表示がある場合

木造なら10畳 鉄筋なら8畳という意味で8畳~10畳ですという意味ではありません。 これを見るだけでも 鉄筋は全体的に外気の影響が大きいという事はあきらかです、しかも冬場の方が大きい容量が必要になってきますので 冬で考える必要があります。