リモワ  廃盤2輪 ルフトハンザ モデルチェンジの違い

リモワの2輪モデルが廃盤になりました、最終とその前のモデルでの違いを記載してます。

最終モデル、旧モデルの差見た目

左右にならべた写真になります、両方とも747ルフトモデルになります、写真の様に見た目はラインがあるかないかの違いになります。また開くヒンジの位置も逆になっており、開く向きが違います

キャリーバー違い

見た目は同じですが、結構改善されています。

これ以前のモデルは2段階目が途中で止める箇所が指定の場所でしか止まりませんでしたが、このモデルからどこでも止まるモデルになっています。

  1. 最終モデルは、バーを仕舞う際に最後にゆっくり入る
  2. 掴む箇所が若干に太さが違っており最終モデルの方が細く個人的には最終モデルの方が掴みやすく感じます。これ以前のモデルと同じ様な太さに近いかと思います。
  3. 最終モデルは左右が均等におりるように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

ハンドルの違い

見た目はほぼ同じですが、上のハンドル・横のハンドル両方ともが最終モデルの方は自動的に元の位置に戻ります。旧モデルは元の位置に戻らないため動かしている際にパタパタとハンドルが動きます。

 

 

上蓋、下蓋の厚みの違い

よく見るとわかりますが、最終モデルは真ん中で開きますが、旧モデルは15cmぐらい下蓋の方が厚いため、分厚い物を入れた際に挟まれにくいです。

 

 

 

 

 

 

タイヤの違い

最終モデルは旧モデルでよく話題になってたタイヤの音が静かになっています。しかし取り付け位置が変わった事により最終モデルはインラインスケートのタイヤを取り付ける事が出来なくなっています。

*サイズによっては取り付ける事が出来るかもしれません

 

 

旧モデルタイヤ交換方法

横のネジを外すだけでタイヤを外すことが出来ますので簡単に交換可能です。注意点としてタイヤの大きさが選ぶことが出来ます、標準は76mmになります80mmならタイヤの高さが高くなります。標準の場合は前に傾いていますが80mmにすることでほぼ真っすぐになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

下記交換タイヤになります。

通常のタイヤは28mm、インラインスケートのタイヤは24mmで約4mm差があります。付ける場合は左右2mmのスペーサーが必要になってきますので、元からスペーサーがタイヤに付属されている下記の専用タイヤがおすすめです。

下記の物だとベアリングを選ぶことが出来ない為ベアリングを選びたい場合は、シムを調達する必要があります。

 

リモワ スーツケース歴7年保証期間から本当のおすすめのグレード 

リモワ歴7年になります、その間に気付いたことグレードの特徴などをまとめています。

リモワの特徴

リモワと言えばスーツケースでは人気が高いスーツケースの一つです、タイプはハードタイプがほとんどです。しかもかなりほしゃれでいろんなメーカーとコラボしています。現在はあのカバンで有名なルイヴィトンが買収を行ったことでも有名です。金額は高額ですが保証期間が5年ありアフターサービスもかなりいいので、現在スーツケースはこのメーカーしか購入しておりません

またドイツの人が背が高いからなのか分かりませんが他のメーカーのハンドルより長いです、転がしている際に足に当たることが少なくなります。

リモワのグレード

 

人気のグレードは2種類あります。

①TOPAS

リモワの中で一番有名なモデルになります素材がアルミという事で耐久性が高く昔からある定番の大ヒット商品です。

②SALSA

材質がポリカーボネートという事でリモワの中でも安値のモデルになります。欠点としてリモワの魅力の5年保証ですが、穴が開いてしまうと保証対象外になるため、割れる可能性のあるポリカーボネートは頻繁に使用する場合はやめたほうがいいです。

リモワ保証 有償修理

リモワのスーツケースに一番のメリットは5年保証が付いていることです、しかもギャランティーカードが無くても、シリアル番号から製造年月日を調べて修理をしてくれることです。また保証期間が過ぎたとしても有償修理でほとんどの部品の交換が可能です。修理の持ち込みの仕方ですが正規代理店に持ち込むというか送る方法で対応可能です。

並行輸入品の保証期間内でも無償で直してくれません購入する際は注意が必要です。有償修理も非対応だったのですが現在は対応してもらえるのでそれだけでも改善しています。ルフトハンザモデルは別格で保証修理が対応してもらえます。

安く手に入れる方法

普通に購入する方法として正規代理店で購入する方法があります、また特殊なモデル、ルフトハンザモデル、SUPERME,モンクレールモデルなど入手が難しいモデルなどはオークション、通販などで購入する方法がありますが通常モデルで安く手に入れたい場合は、コストコがおすすめです。コストコというとサムソナイトが昔安く売っていましたが今はリモワも安く売っています。しかも保証返品が可能です。

おすすめのモデル

修理をする際に保証期間内であっても割れやひび割れなどは対応が非対応の為部品の交換ではなくパテ埋めとかになるので絶対に割れないアルミのモデルの購入をおすすめいたします。サルサを買うなら並行輸入で安く購入された方がいいです

 

 

 

 

アルミモデルの欠点はないのかというとあります、それは、リモワ事態一個一個の合わせが違っておりずれているものがあります、その為ズレが大きいものを買った場合雨なので中がびちゃびちゃになります、過去に5台トパーズを購入しておりますがそのうちの1台が外れでした。確認して買うのがベストです、人と被りたくないのであれば、ルフトハンザモデルがおすすめです

 

 

よく壊れる箇所

過去5台購入しております、その中で壊れた箇所を記入しております

①100%の確率で5年以内にハンドルが壊れます、伸びなくなるか、縮まなくなります。

 

 

 

 

 

②4輪タイプを購入した場合タイヤが外れます。

※2輪は壊れた事がありません

 

 

 

 

③持ち手のハンドルも外れた事が1台だけあります

 

スーツケースのおすすめメーカ リモワ グレード違い

当方はほぼ毎日スーツケースを使用する環境です、よかったスーツケースの種類キャスターの種類、素材などの違いから何を基準で選べばいいかをを記載しております。

スーツケースの材質の違い

 

ソフトタイプ

布タイプ特徴

メリット

一番は金額が安くたまにしか使用しない方はこれで十分です

材質が軽く、扱いやすいです。

外にポケットが多いのも布の特徴です。

デメリット

衝撃など中の物を守るという事では不向きです。

雨の日など防水性はあまり高くありません。

革タイプ

メリット

ハードタイプより安くで手に入ります

デザイン性が高いです。

布タイプより中に対する衝撃は少ないです。

デメリット

水が浸入してくるため雨の日には向いていません

水によって変色します。

ベルトがありますがほぼ使用しません

ハードタイプ

ポリカーボネートタイプ

ほとんどのハードタイプがこのタイプです。

 

メリット

衝撃に強く中の物にダメージが少ないです。

雨が浸入しにくいです

耐久性が高い

デメリット

値段が高いです。

強い衝撃を受けると割れます。

アルミタイプ

私は最終的にこのタイプで落ち着きました。

メリット

衝撃に強く中の物にダメージが少ないです。

雨が浸入しにくいです

耐久性が高い

海外など投げられる事がありますが凹むだけで割れるという致命的な状況にはなりません。

デメリット

一番高いです。

材質がアルミだけに重たいです。

 

キャスタータイプ

 

2輪

 

 

 

 

メリット

壊れにくいです(今まで壊れて事ありません)

電車などで立てていても、動かない

デメリット

倒さないと、使用できない(移動時に場所が多い)

横に移動できない

4輪

メリット

倒さなくても使用出来る(邪魔にならない)

左右縦どの方向にも操作が可能

デメリット

2輪に比べ壊れやすい(壊れた際タイヤが外れる事が多い為自立しない)

高い

手で押さえていないと止まらない(ストッパーがない物がおおい)

 

 

 

 

備考

 

TSAロックの必要性スーツケースを利用する上でTSAロックという言葉を耳にすることがあります

TSAロックとは何?

アメリカで中身を確認する場合鍵がついていると中身が確認できませんそこで必要になってくるのがこのTSAロックです。なのでアメリカなどに行く可能性がある場合これがないと入国できないですので行く可能性がある場合はこれが付いている物を購入することをおすすめします

 

おすすめメーカー

 

いろいろなメーカーをを使用してきましたがリセールバリュー率、保証期間、人気度、耐久性で現在リモワを使用しています。

リモワグレードは別ブログで記載しております。