明石沖でガシラ(カサゴ)の船釣りの仕掛け 

本来ガシラ事態メインでやる釣りではなく、タイ・メバル釣りをメインでやり潮どまりに狙う魚種の為、潮どまりに釣りやすいのがガシラになります。正確には潮どまりになる手前が一番つれます。

竿

  • 2m未満の長さがおすすめです
  • タイラバロッドなどで代用できます。
  • 竿先がやわらかい方がいいです

リール&ライン

  • ラインはPE1号以下

  • リーダー、3号以下 長さ2m(長くするとばらしが減る、逆にあたりが分かりにくくなる)

  • 水深は深くても30mですので100mぐらいは巻いとく必要があります

仕掛け

ハリスは0.6がおすすめです

道糸は短いと全く釣れません 30cm以上がおすすめです。

サルカンは市販の仕掛けは付いていませんが、明石は潮が早いのでからみやすいので付ける事をおすすめします。

重りから仕掛けまでの距離はガシラは底にしかいないので、長すぎると釣れません

私は重りのサルカンにハリスを付けています。

有名なところだと、虫エサ、エビ、貝などですが、明石だとイカナゴなどが有名ですが、不漁のため確保が難しく最近はハゼコがいいです。

誘い方

  • 仕掛けを投入して着底をとって、少しあげるイメージですあまり上げすぎると釣れません
  • 底から、外れるとつれないので、マメに着底を取ることをおすすめします。
  • アタリは明確ですが釣れても引かなので魚が釣れているかは正直わかりにくいです。
  • こまめに上げてラインが絡まっていないかの確認が必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です