スポンサーリンク

レンガを積んで庭に畑&砂場を作る diy 

へーベルで家を建てたブログ

畑をするのでで重要になるのが、

やわらかい土の厚みをかせぐことです

固い土には根を張ることが出来ません

なので下に掘るか レンガを積んで上に土を盛るかが必要です

下に掘ると地盤がやわらかくなりそうなのでレンガを積んで高さをかせぎました。

必要工具

水準器

ふね コンクリートを混ぜるのに必要です

転圧 ダンパー 地面を固めるに必要です。

左官ゴテ

 インスタントモルタル 水を混ぜるだけ使用できて便利です。

作業内容

最終的に完成したものは上記のようになります

手前は子供が遊べるように砂場にしています。

まず、基準となるブロックの水平を取っていきます

レンガの間をモルタルで引っ付ける為、ある程度離しておく必要があります。

水平は上下左右両方を見る必要があります。

レンガの下は、砂利を引きます 

地面が緩いとずれるため下記の様な道具を使用して

地面を転圧をしていきます。

下記の道具は全体でたたく転圧とハンマーでの転圧両方をすることができます

ある程度全体が転圧水平が取れたら

モルタルをスコップ等で流していきます

この時に少し厚めに流すと後で水平が取りやすいです。

レンガは水の中に付けとくと、モルタルに引っ付きやすいので水につけた方がいいです。

水平を取りながら プラスチックハンマーなどで水平を取っていきます。

鉄のハンマで叩くとレンガが割れますので注意が必要です。

使用する工具は、一番小さい左官ゴテで、レンガの隙間をモルタルで埋めていきます

一段目が完成すると2段目を積んでいきます。

そこで便利なのが木の枠でブロックと同じ幅に作った枠です。

これがないと均等にモルタルを塗ることが出来ません。

塗った後はブロックを積んでいきます。

ここで重要なのが前後左右の水平を必ず取る事です。

水平を取らないと段を増やす事に傾きが増えてきて倒れやすくなります

後は同じ作業を繰り返す事で完成です。

砂場との間はいつでも取り外しが効くブロックを立てています。

今回長さを図らずに作業を行ってしまったため

行う場合はある程度計測することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました