スポンサーリンク

コストコで巨大プール(INTEX)を購入したので塩素について調べた

プール

塩素剤が必要か

プール水の汚れの大半は、遊泳者自身が持ち込んだ汚れやバイ菌です。
身体に付着している汗やアカ・遊泳中の発汗・尿などの分泌物や排泄物には、多量の塩分、尿素、アンモニア等の窒素化合物が含まれています。

塩素消毒を行わないと、


なので プール病などの病原菌も発生して、病気になる可能性があります

プールで有名な病気

中耳炎、外耳炎、とびひ、プール熱

塩素によるデメリット

昔はガンになるなど、言われていたが 影響がないという論文が出ていました。

またプールに含まれる塩素濃度は 0.4〜1.0mg/Lで水道水が0.1mg/Lと極端に濃いわけではない

肌荒れ、目のかゆみや腫れ、髪がパサパサするなどの症状が出る。極端な場合はカラーリングした髪が緑っぽく変色するらしいので要注意だ。

結論

なので、病気になる覚悟で、塩素なしで入るか、

肌荒れ、目のかゆみ、髪のダメージ覚悟で塩素入れるかという選択なるかと思います 

毎回水を変えればokなのか?

水の塩素濃度は0.1mg/Lですプール熱などの細菌は死滅しません

また水を入れてから時間たつと塩素濃度も下がります

なので毎回水を変えればいいというわけでもありません。

一人で入ればいいのではという考えもあると思いますが

手に菌がついていてそれが体内に入る可能性があります

塩素剤の種類

1次亜塩素酸ナトリウム 強アルカリ性 

高濃度で使用すると取り扱いがかなり危険の為今回は断念

2次亜塩素酸カルシウム 弱アルカリ性 

学校などで使用している 取り扱いは注意が必要だが比較的安易

※日曹ハイクロンを使用しますとpHは中性で変わりません

3塩素化イソシアヌル酸 酸性  

唯一の酸性の塩素剤であるが、酸性になりすぎると、中性戻す必要がある

プール管理で必要な項目

プール管理するのに必要な項目は2項目です

1ph値

pH値5.8以上8.6以下

人が入るとアルカリ性になりやすいく

高いと塩素がききにくなります。

2塩素濃度

0.4〜1.0mg/L

塩素濃度はほっておくだけでどんどん下がっていきます。

何が必要か

大型プールであれば下記がオススメです

目安として5000lで一個の割合で使用します

小型プールであれば下記になります。

塩素 ph計測ができるものです

定期的に校正(値があっているかの確認)が必要です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました